医療法人 清和会 長田病院

 

  1. 各種指定承認施設基準

長田病院各種指定承認施設基準

認定

・(財)日本医療機能評価機構認定病院
・救急告示病院
・労災保険指定病院
・身体障害者福祉法指定
・全国健康保険協会生活習慣病予防健診指定病院
・指定自立支援医療機関(更生医療・腎臓)
・指定自立支援医療機関(精神通院医療)
・慢性期医療認定病院
・日本病院総合診療医学会認定施設
・日本呼吸器学会認定施設
・肺がんCT検診施設
・日本アレルギー学会教育施設認定
・日本禁煙学会認定教育施設
・日本消化器病学会認定施設
・日本大腸肛門病学会認定施設
・日本消化器内視鏡学会指導連携施設
・日本肝臓学会認定施設
・福岡県肝炎ウイルス検査・治療専門機関
・福岡県肝疾患専門医療機関

実施

・睡眠呼吸医療(CPAP療法)・いびき相談
・肝炎・肝がん医療(インターフェロン療法・C型慢性肝炎の二重濾過血漿交換療法)
・脳血管疾患等・呼吸器・運動器リハビリテーション
・内視鏡検査・治療
・肺がん・肝臓がん・胃がん・大腸がん・骨粗しょう症検診精密検査
・外来化学療法
・生活習慣病指導
・ペースメーカー移植・交換
・人工透析
・在宅酸素療法・在宅人工呼吸療法
・人間ドック・脳ドック
・治験実施病院
・禁煙外来(敷地内禁煙)
・メタボリックシンドローム外来
・訪問服薬指導
・訪問リハビリ
・訪問栄養指導

施設基準

・機能強化加算
当院は、健康診断の結果等の健康管理に係る相談、保健・福祉サービスに関する相談及び夜間・休日の問い合わせを受け付けています。詳しくはこちら

・医療情報取得加算
マイナ保険証利用なし<初診>3点 <再診>2点
(マイナ保険証を提示されたが、診療情報の活用に同意がない場合も含む)
マイナ保険証利用あり<初診>1点 <再診>1点
(マイナ保険証を提示されたが、診療情報の活用に同意がある場合も含む)
当院は診療情報を取得・活用することにより、質の高い医療の提供に努めています。
正確な情報を取得・活用するため、マイナ保険証の利用にご協力をお願いいたします。詳しくはこちら

・医療DX推進体制整備加算
医師等が診療を実施する診察室等において、オンライン資格確認等システムにより取得した診療情報等を活用して診療を実施しています。
マイナ保険証を促進する等、医療DXを通じて質の高い医療を提供できるように取り組んでいます。
電子処方箋の発行及び電子カルテ情報共有サービスなどの医療DXにかかる取組を実施しています。詳しくはこちら

・一般病棟入院基本料(急性期一般入院料4)  【3階・4階病棟 76床】
DPC対象病院
診断群分類別包括評価(医療機関係数 1.2204)
(機能評価係数I 1.1088 機能評価係数II 0.0505 医療機関群別基礎係数(DPC標準病院群)1.0451)
・療養環境加算【3階病棟 30床】【4階病棟 30床】
・重症者等療養環境特別加算
(310・311・410・411号室)

・地域包括ケア病棟入院料1及び地域包括ケア入院医療管理料1【5階病棟 43床】
看護職員配置加算
当院は、医師及び医療従事者の負担の軽減及び処遇改善のための取組みを行っています。詳しくはこちら

・緩和ケア病棟入院料2【緩和ケア病棟 20床】

・療養病棟入院基本料1【6階病棟 43床】
在宅復帰機能強化加算
経腸栄養管理加算

・救急医療管理加算
・療養病棟療養環境加算1
・協力対象施設入所者入院加算 詳しくはこちら
・医療安全対策加算2
医療安全対策地域連携加算2
当院では、なんでも相談受付にて医療安全に関するご意見、ご相談に対応いたします。
・看護職員処遇改善評価料31
・感染対策向上加算2
連携強化加算
サーベイランス強化加算
当院では、下記院内感染防止対策に関する取り組みを行っています。
定期巡回での院内感染事例の把握
院内感染防止対策の実施状況の把握・指導
院内感染の発生率の把握・分析・対策改善
院内の抗菌薬の適正使用監視
筑後感染ネットワークカンファレンスへの参加
・診療録管理体制加算2
・医師事務作業補助体制加算2(50:1)【慢性期以外 139床】
・急性期看護補助体制加算2(50:1)【注4 看護補助体制充実加算】
当院は、医師及び医療従事者の負担の軽減及び処遇改善のための取組みを行っています。詳しくはこちら
・後発医薬品使用体制加算3
当院では、患者負担の軽減、医療保険財政の改善に資するものとして、入院及び外来において後発医薬品 ジェネリック医薬品 を積極的に 使用 しています。
・データ提出加算2
・入退院支援加算1
総合機能評価加算
・認知症ケア加算3
・せん妄ハイリスク患者ケア加算

・入院時食事療養費(I) ・入院時生活療養費(I)
管理栄養士・栄養士によって管理された食事を、適時(夕食については午後6時以降)、適温で提供しています。

・喘息治療管理料
・がん性疼痛緩和指導管理料
・がん患者指導管理料イ・ロ・ハ
・夜間休日救急搬送医学管理料の注3に掲げる救急搬送看護体制加算2
・地域包括診療料2
・認知症地域包括診療料2
・ニコチン依存症管理料
当院は敷地内禁煙を実施しています。
・がん治療連携指導料
・薬剤管理指導料
・医療機器管理料1
・別添1の「第14の2」の1の(3)に規定する在宅療養支援病院
・在宅時医学総合管理料及び施設入居時等医学総合管理料
・在宅患者訪問看護・指導料及び同一建物居住者訪問看護・指導料
・検体検査管理加算(Ⅱ)
・時間内歩行試験及びシャトルウォーキングテスト
・CT撮影及びMRI撮影
・外来腫瘍化学療法診療料1
外来腫瘍化学療法診療料の注9に規定するがん薬物療法体制充実加算
・外来化学療法加算1
・無菌製剤処理料
・呼吸リハビリテーション料(Ⅰ)
急性期リハビリテーション加算
・脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅱ)
急性期リハビリテーション加算
・運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
急性期リハビリテーション加算
・人工腎臓
慢性維持透析を行った場合1
導入期加算1
透析液水質確保加算及び
慢性維持透析濾過加算
・下肢末梢動脈疾患指導管理加算
(連携医療機関の名称及び標榜する診療科:医療法人社団高邦会高木病院 循環器科・心臓血管外科・形成外科)
・ペースメーカー移植術及びペースメーカー交換術
[ 令和5年1月~令和5年12月実施症例数 1例 ]
・医科点数表第2章第10部手術の通則の16に掲げる手術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む。)
[ 令和5年1月~令和5年12月実施症例数 0例 ]
・胃瘻造設時嚥下機能評価加算
・輸血管理料Ⅱ
・輸血適正使用加算
・外来・在宅ベースアップ評価料(Ⅰ)
・入院ベースアップ評価料(29)
・生活習慣病管理料Ⅱ リフィル処方について詳しくはこちら

 

令和6年6月1日 現在

特定療養費(保険外負担費用)

◆リハビリテーション(個別)
呼吸リハビリ      1,750円/回
脳血管疾患等リハビリ  2,000円/回
運動器リハビリ     1,850円/回

◆血液検査
AFP精密測定     980円/回
CEA精密測定     990円/回

◆選定療養費(1日)
(入院期間が180日を超えた以後の入院に係わる療養)
一般病棟 2,380円

◆一般病棟、地域包括ケア病棟、療養病棟 個室料
【個室A】  7,700円  317号室、417号室
【個室B】  6,600円  318号室、320号室、418号室、420号室
【個室C】  5,500円  316号室、416号室
【個室D】  3,300円  513号室、515号室、516号室、613号室、615号室、616号室
【2人部屋】 1,100円  308号室、312号室、408号室、412号室

◆緩和ケア病棟 個室料
【125号室】       11,000円
【120~123号室】   2,200円

◆予防接種等
麻疹ワクチン     6,630円
おたふく風邪ワクチン 6,630円
風疹ワクチン 6,630円
麻疹・風疹混合ワクチン 10,580円
肺炎球菌ワクチン(ニューモバックス) 8,300円
肺炎球菌ワクチン(バクニュバンス) 9,900円
A型肝炎ワクチン(エイムゲン) 8,890円
B型肝炎ワクチン(ヘプタバックス)5,740円
水痘・帯状疱疹ワクチン 8,650円
帯状疱疹ワクチン(シングリックス) 19,970円
RSウイルスワクチン(アレックスビー) 25,000円
子宮頸がんワクチン(サーバリックス、ガーダシル) 17,690円
子宮頸がんワクチン(シルガード9) 28,860円

◆食事代
入院食 選択メニュー 1食 50円
入院食 特別メニュー 100円~要相談
外来透析食事代 1食 350円

◆診療記録等の開示に関する料金
・開示基本料金(申込料金、説明文書代を含む)
医師以外からの説明の場合(30分)2,200円(超過金/30分につき 2,200円)
医師からの説明の場合(30分)5,500円(超過金/30分につき 5,500円)
・診療記録等の写し 1枚につき 30円
・退院時要約 1枚につき 550円
・画像記録料金(CD/DVDコピー)1枚につき 1,100円
・請求書 1月につき 1,100円
・診断書 1枚につき 5,500円

◆セカンドオピニオン診察料
(1時間) 11,000円
(超過金/30分につき) 5,500円
(緩和ケアセカンドオピニオン相談料) 5,500円

◆診断書・証明書等
・診断書(欠勤・欠席・休業)2,200円
(福岡県公安委員会提出用)5,500円
・免許申請用診断書(調理師、理容師及び鉄砲所持許可用等)3,300円
・死亡診断書 5,500円
・身体障害者申請用診断書 5,500円
・自賠用診断書(明細書) 5,500円
・生命保険診断書 (簡単) 5,500円
・生命保険診断書 (複雑) 11,000円
・生命保険診断書 (コピーに捺印、もしくは死亡診断書写し) 2,200円
・障害年金、国民年金、福祉年金診断書 5,500円
・おむつ証明書 550円
・領収証明書(医療費控除用) 1,100円
・就労可能証明書 1,100円
・出校停止証明書(学校提出用) 550円
・受診状況等証明書 2,200円
・傷病・通院証明書 2,200円
・透析通院証明書(透析回数証明) 550円
・手術・放射線照射診療報酬点数確認書 1,100円
・特定医療費(指定難病)臨床調査個人票(新規・更新)3,300円
・面談料 7,700円
・照会文書 5,500円
・被保険者症状調査票 3,300円
・B型肝炎ウイルス感染に係る診断書 5,500円
・肝炎ウイルス定期検査費用の助成に係る医師の診断書 3,300円

◆その他
・死体検案料(基本額) 55,000円
・訪問に関する交通費
(往復 5㎞以内)110円
(往復 5㎞~10㎞)280円
(往復 10㎞以上)550円
・電話料(入院・個室のみ)10円~
・投薬・使用薬剤料(薬剤の容器) 50円

令和6年6月1日 現在

クリニカルインディケーター

診断群分類別の指標

令和3年度 病院指標は こちら

令和4年度 病院指標は こちら

医療の質の指標(クリニカルインディケーター)

31期~35期前期

※上記データをご覧いただくには Adobe Acrobat Reader Acrobat Reader
が必要です。

image078