医療法人 清和会 長田病院

 

  1. 福利厚生

福利厚生

働きやすさへの取り組み

WLB(ワークライフバランス)の拡大

様々な雇用形態を導入しています。

子育て支援

保育園(アリス)を病院前に開設しており日曜・祝日も開園しています。0歳児から入園でき、学童保育も行っています。

福利厚生

リフレッシュ休暇・インフルエンザワクチン接種・B型肝炎ワクチン・麻疹ワクチン(該当者)・クラブ活動助成・禁煙助成・柳川駅への送迎・永年勤続行事(白秋祭参加など)・バーべキュー大会・職員旅行を実施。またクリスマスには、ケーキのプレゼントがあります。

意向調査

入職時や年に一度の意向調査にて配属・異動希望や今後のキャリヤについての考えを確認し、個人の働きやすさに配慮しています。

職員満足度アンケート調査

年1回定期的に職員満足度調査を実施しています。アンケート調査の結果は全職員にフィードバックし、改善に取り組んでいます。

再就職支援プログラム(電子カルテ操作)

電子カルテ操作が初めての方もマンツーマンで操作説明・実践を行っています。

CSキラリ賞

患者さんや職員への気配り、親切な行動をした職員に対して、職員間で投票するシステムで、投票数の多い職員へ年2回、春・秋に表彰しています。表彰された職員は、朝礼での賞賛と記念品の進呈があります。また、投票されたキラリと光る内容が書かれたカードは本人へ手渡すことから、"頑張ろうと思う糧"や"やりがい"にもつながっている。と、言う声もあります。

教育・学習・子育て支援

清和会の継続教育

長田病院では、りんごの木に例えればしっかりと根を生やし、大きな幹となり、そして立派なりんごが実っていくような人材の育成を考えています。集合教育やグループワーク等を取り入れ、自己啓発を推進し個人を尊重しながら支援して行きたいと考えています。これを絵で表現してみると下記のようになります。

人を成長する木として捉え、等級別の教育プランを作成しました。1~3等級までは、育っていく為の知識や技術を学び、感性を磨き人間的に豊かに育って欲しい。3等級から指導監督層においてはジェネラリストとして、根拠に基づく臨床実践能力を発揮してもらいたいと思います。これらを通してスタッフ1人1人の持つ強みが活 かせるようなキャリア開発を目指して行きたいと思います。 本年度もまた新しいスタッフを迎えます。新人教育は特に大切です。新人オリエンテーションに始まり、クリニカルラダーに則りプリセプターシップによる指導を行っています。長田病院理念「高品質の医療で地域に貢献」ができる人材の育成に向けてシステム作りをしていきたいと思います。

image099

子育て支援

IMG_4456

働く女性を支援するため、清和会 長田病院 院内保育園(アリス保育園)を開設しました。

平成20年9月1日、念願の院内保育園を長田病院に開園しました。
これは子育てのために優秀な職員が止む無く退職せざるを得ない現状を回避するためで、「子供を安心して預けられ、専門性を発揮できる職場環境を職員に提供したい」との法人の考えのもとに、託児所運営を行っている広島の「株式会社アイ・レンタル」のご協力のもとで実現しました。
開園時間は、朝8:00~夕方6:30、対象は生後3ヶ月から未就学児まで。5名の保育士が保育計画に基づいて保育を行っています。
この保育園ができたことで職場復帰が早まった職員もおり、「病院が元気になった」などの声も聞かれています。

アリス保育園より

IMG_4469

・自分で考え、自分で行動できる子を育む
・思いやりの心を育む
・保護者への安心を提供する

この保育理念を基にし、一人ひとりの個性や家族環境、職員の皆様の勤務体制を考慮し、家族的な雰囲気の中で子どもが機嫌良く過ごせる様に保育を進めていくと共に、季節の旬の素材を生かした手作りおやつを作っています。

今後もゆったりとした気持ちで子どもの心を受け入れ、家族との連携を持ちながら、子ども自身が自分らしく育っていこうとする環境を整え、そっと見守りながら支えていく保育に努めたいと思っております。

医療従事者のためのメンタルヘルスケアについて

清和会では、職員のメンタルヘルスケア推進の取り組みとしてEAP「従業員援助プログラム」を導入しています。職員とその家族の方が、個人的な悩みや心配ごとを専門のカウンセラー(医師(精神科医や内科医)、臨床心理士、精神保健福祉士、看護師 など)に、職場には全く知られることなく相談できるシステムです。

詳しくは『ジャパンEAPシステムズ』のホームページをご覧下さい。