ご来院の方へ 医療法人 清和会 長田病院

HOME » ご来院の方へ » 睡眠呼吸センター

睡眠呼吸センター

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

睡眠呼吸センターでは、睡眠に関連する呼吸障害の診断、治療あるいは合併症の予防を専門的に診療しています。 睡眠時無呼吸症候群(SAS)は睡眠中に無呼吸を繰り返す病態のことで、以下の症状を示します。

  • 10秒以上の無呼吸が1時間に5回以上出現する
  • ひどいいびき
  • 昼間の睡眠あるいは疲労感
  • 眠っても爽快にならない
  • 集中力の欠如

入眠→無呼吸→中途覚醒(本人は気付かない)→呼吸再開→再睡眠 を一晩の間に何回も繰り返すため 深い睡眠が得られず日中傾眠を自覚します。

SASは中年の男性に多く、肥満、高血圧、糖尿病、高脂血症、喫煙習慣などの危険因子を高率に合併し、 突然死など生命予後に直接影響しうる脳梗塞、心筋梗塞などの関連性もクローズアップされています。 すなわち一種の生活習慣病といえます。また、日中の傾眠のため交通事故、作業事故、作業効率の低下、 性格の変容など社会的・身体的問題を引き起こし、QOL(生活の質)低下を招きます。

SASの治療には以下の方法があります。

  • 食事療法による体重減量
  • 経鼻的持続陽圧呼吸療法(ネーザルCPAP)
  • その他外科的療法、歯科矯正器具など

長田病院・睡眠呼吸センターでは睡眠ポリグラフィ検査を行い、正確に睡眠・呼吸状態を 調べることができます。夕方来院して朝までの1泊入院ですので気軽に検査を受けられます。
 わが国では成人の約3%がSASと考えられていますが、その大部分は診断を受けていない潜在患者です。 いびきの常習者で日中の眠気がある場合にはSASを疑って一度検査を受けることをお勧めします。

「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」についてより詳しく知りたい方は、『睡眠時無呼吸症候群サイト』をご覧下さい。


持続陽圧呼吸療法装置(CPAP)ご利用者様へ

CPAPご利用者様を対象に相談窓口を設置いたしました。
平日・土曜日の午前9時より午後5時まで受付けいたします(祝日は除く)。
上記以外でもお受けいたしますので、医事受付けまたは医療相談担当へお申し付けください。 希望日がありましたら電話にてご連絡ください。

現在当院では、メーカー4社のCPAPを取り扱っていますので、ご利用者様により合ったマスクや 機械をお選びいただけます。

例えば・・・

  • マスクから空気の漏れがあるようだ
  • 呼吸が苦しい
  • 圧が高いと感じる
  • 機械の調子が悪い
  • 機械は良いがマスクが合わない、またはその逆

など、些細な事でも構いません。 機械の点検も致しますのでお気軽にどうぞ。


有明 みん眠ネットワーク開設

睡眠時無呼吸症候群(SAS)は21世紀の「国民病」、あるいは「現代病」とも言われています。しかし、多くの方が見過ごされているのが現状です。これは、SASに関する一般社会の知識不足、診断・治療が行える施設の不足が原因と言われております。 当ネットワークは、有明地区の一人でも多くの方に、適切な診断と治療を受けていただき、活動的な日常生活を取り戻すことを目的としています。
睡眠呼吸障害や睡眠に対する悩みを抱えている患者さんに対し、かかりつけ医の先生方と、専門の検査や相談ができる病院が互いに連携し、適切かつスムーズな検査・治療の提供を行う取り組みです。
睡眠に関する悩みをかかりつけ医に相談し、かかりつけ医が専門的な治療が必要だと判断すると、長田病院を紹介していただきます。治療が安定したら、かかりつけ医で治療を受けることもできます。診療内容は専門医、かかりつけ医との間で情報共有しますので、患者さんの都合に合わせてスムーズに治療を受けることができます。


しーぱっぷ通信

しーぱっぷ通信 2017年第3号

しーぱっぷ通信 2017年第2号

しーぱっぷ通信 2017年第1号

しーぱっぷ通信 2016年第3号

しーぱっぷ通信 2016年第2号

しーぱっぷ通信 2016年第1号

しーぱっぷ通信 2015年第4号

しーぱっぷ通信 2015年第3号

しーぱっぷ通信 2015年第2号

しーぱっぷ通信 2015年第1号

しーぱっぷ通信 2014年第4号

しーぱっぷ通信 2014年第3号

しーぱっぷ通信 2014年第2号

しーぱっぷ通信 2014年第1号

しーぱっぷ通信 2013年第3号

しーぱっぷ通信 2013年第2号

しーぱっぷ通信 2013年第1号

しーぱっぷ通信 2012年第2号

しーぱっぷ通信 2012年第1号

しーぱっぷ通信 2011年第2号