ご来院の方へ 医療法人 清和会 長田病院

HOME » ご来院の方へ » 消化器

消化器

スタッフ紹介

名前長田 英輔 理事長
資格・日本消化器病学会消化器病専門医
・日本肝臓学会肝臓専門医・指導医
・日本内科学会認定内科医
名前長田 修一郎 副院長 消化器内科部長
資格・日本内科学会総合内科専門医
・日本内科学会認定内科医
・日本肝臓学会肝臓専門医
・日本消化器病学会消化器病専門医・九州支部評議員
・日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医・九州支部評議員
・日本消化管学会胃腸科専門医・指導医
・日本がん治療認定医
名前森田 恭代 肝臓内科・生活習慣病部長
資格・日本肝臓学会肝臓専門医・指導医
・日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
・日本内科学会認定内科医
名前古波倉 允 胃腸内科・健診部長
資格・日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
・日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
・日本内科学会認定内科医
・日本ヘリコバクター学会ピロリ菌感染症認定医
名前中山 雅春 常勤
名前鶴田 修 非常勤
資格・日本消化器病学会消化器病専門医
・日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
・日本大腸肛門病学会大腸肛門病専門医
・日本消化器がん検診学会認定医
・日本内科学会認定内科医
名前岡部 義信 非常勤
資格・日本消化器病学会消化器病専門医・指導医
・日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
・日本超音波医学会超音波専門医・指導医
・日本内科学会認定内科医
・日本胆道学会指導医
・日本がん治療認定医機構暫定教育医
名前河野 弘志 非常勤
資格・日本消化器病学会消化器病専門医
・日本消化器内視鏡学会消化器内視鏡専門医・指導医
・日本内科認定内科医
名前中村 徹 非常勤
資格・日本内科学会認定内科医
・日本肝臓学会肝臓専門医

概要


肝炎

平成17年4月より社団法人日本肝臓学会認定施設となる。

平成20年4月より福岡県肝炎治療特別促進事業(肝炎インターフェロン治療費助成)の指定治療医療機関となる。


B型肝炎

  • インターフェロン療法
  • エンテカビル療法
  • ラミブジン療法
  • アデフォビルピボキシル療法

C型肝炎

脂肪肝・NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)・その他肝炎の早期診断・早期治療 専門医(森田 恭代)により、適応を充分検討して施行し、慎重に治療経過観察を行っている。


> 肝炎外来についての詳細はこちら


肝癌

B型肝炎・C型肝炎からの発癌のおそれのある患者さんを対象に定期的な 腫瘍マーカー・超音波検査・マルチスライスCT検査・MRI検査等で早期発見。


肝癌治療

リザーバー留置による肝動注化学療法


胆・膵疾患(岡部 義信)

診断

  • マルチスライスCT
  • MRCP
  • 内視鏡的逆行性胆や膵造影等による画像診断

治療

  • 内視鏡的乳頭切開術や胆石除去術
  • 胆や膵臓癌に対する化学療法など

食道・胃疾患(古波倉 允

上部消化管疾患一般の診断・治療

  • 食道炎、潰瘍、ヘリコバクター・ピロリ感染症、食道・胃癌、食道・胃静脈瘤など 治療/li>

治療

  • 緊急内視鏡(消化管出血、異物誤嚥など)による対応
  • 内視鏡的ポリープ切除/粘膜切除術、食道・胃静脈瘤硬化療法(EIS/EVL)

> ピロリ菌専門外来についての詳細はこちら



大腸・小腸疾患(鶴田 修・河野 弘志)

下部消化管疾患一般の診断・治療

  • 大腸癌、炎症性腸疾患、感染性腸炎など

治療

  • 内視鏡的ポリープ切除/粘膜切除術

肝炎治療特別促進事業(肝炎インターフェロン治療費助成)とは


ウイルス性肝炎は早期に発見し、治療に結びつけることで、肝がんや肝硬変への進行を予防する事や進行を遅らせることができます。

2008年4月からインターフェロン治療に対して都道府県による医療費助成制度が開始、2010年4月に制度改正が行われました。


対象となる方

  1. 福岡県内に住所(住民票)を有する方
  2. 医療保険各法(後期高齢者医療を含む)の被保険者又は被扶養者

対象となる医療

  1. B型及びC型肝炎ウイルスに感染し、インターフェロン治療を受ける予定の方または治療中の方
  2. B型肝炎に対する核酸アナログ製剤による治療を受ける予定の方、治療中の方

対象となる医療費

  • 診療費、薬剤費、検査費、入院費など
    ※個人負担の上限が原則1万円(上位所得階層は2万円)に軽減されました。

医療費を助成する期間

原則として下記の日付より1年間

  • 申請日の属する月の初日

患者の自己負担限度額、公費助成額

  • 自己負担限度額(月額)
階層区分 患者の自己負担限度額
A世帯の市町村民税(所得割)課税年額が23万5千円未満の場合10,000円
B世帯の市町村民税(所得割)課税年額が23万5千円以上の場合20,000円

申請に必要な書類

下記の書類を最寄りの保健所へ提出

  1. 肝炎インターフェロン治療受給者証交付申請書(申請者が記入)
  2. 規定の診断書(主治医が記入)
  3. 世帯調書
  4. 医療(健康)保険証の写し
  5. 受給対象者の世帯全員の住民票(外国人の場合は、外国人登録証明書)
  6. 世帯全員の市町村民税課税額証明書

※ただし税制上・医療保険上の扶養関係にないと認められる者については、 当該「世帯」の市町村民税額の合算対象から除外できる。


申請~認定までの流れ

申請~認定までの流れ

  • ※必要提出書類は当院に用意しております。
  • ※画像をクリックすると拡大表示されます。もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

C型慢性肝炎の二重濾過血漿交換療法


二重濾過血漿交換療法(DFPP)によるウイルス除去療法

平成20年4月より二重濾過血漿交換療法(DFPP)を用いたウイルス除去療法が保険適応となり、インターフェロン療法と組み合わせることでさらに治療効果が高くなることが期待されます。

その二重濾過血漿交換療法(DFPP)によるウイルス除去療法を当院でも開始しました!!

※「二重濾過血漿交換療法(DFPP)」についてより詳しく知りたい方は、 『VRAD 日本発!C型慢性肝炎のウイルス除去療法』をご覧下さい。


〈保険適応条件〉
  • ウイルスのタイプがセログループ1(あるいはジェノタイプII(1b))型の慢性C型肝炎で、直近のインターフェロン療法を施行した後にHCV RNA量が100kIU/ml(5LogIU/ml)以上の方。
  • 最大5回まで適応。

〈治療スケジュール〉

治療スケジュール

※画像をクリックすると拡大表示されます。もう一度クリックすると元の大きさに戻ります。

ウイルス除去療法でウイルスを除去するので、インターフェロン療法のみよりも早くウイルスが減少し、インターフェロン療法の治療効果(著効率)がUPします。詳しい内容は肝臓専門医にご相談下さい。

肝臓専門医・指導医 森田恭代、長田英輔


胃・大腸がん検査のご案内

知っていますか?増えている日本人のがん

知っていますか?増えている日本人のがん

近年、がんは世界的にみても増加傾向にあり、各国のがんによる死亡率は年々上昇しています。 肉類などの高脂肪食の摂取回数の増加など食生活習慣の欧米化などに伴いこれまで発生率の低かったアジア地域、 特に日本でのがんの死亡率の急激な増加が目立ってきています。

日本では、1981年にがんが死亡原因の第1位になってから現在もその位置は変わらず 全死亡者数の約30%強を占めており3人に1人はがんで命を落としている事になります。

種別にみると、その死亡率は昔も今も胃がんは上位を占めてはいますが最近は激減し、 全がん種に占める胃がん死亡率は約1/4以下となっております。 一方、胃がんになる人の数(罹患数)は、人口高齢化の影響で非常に増えています。 つまり胃がんになる人は増加しているが、完治する人が多いため、死亡する人はあまり増加していないと言えるのです。 このような現象(死亡率の低下)の背景には、日本における胃がんの早期発見(検診、診断技術の向上)・ 早期治療(内視鏡治療など)の進歩が著しい証拠と考えられます。


増えている大腸がん

増えている大腸がん

近年、男女ともに大腸がんの増加が目立ってきています。 女性では2004年から胃がんを抜いてがん死因の1位に、 男性でも現在は4位ですが近いうちに肺がんを抜いてくるであろうと言われています。

では、なぜ大腸がんが増えているのでしょうか? その要因としては食生活習慣の欧米化(動物性脂肪の摂取量増加など)、運動不足や肥満、 加齢などの影響によるものと推測されています。

右グラフで示しますように40~50歳を越えてくると年代別死亡率は急激に上昇してきており 加齢と共に癌にかかるリスクは高まっていると言えます。 従って、右表に該当するような項目をお持ちの方は、大腸がんにかかるリスクが高くなることを自覚し 大腸がん検診を確実に受ける事、さらには、積極的に内視鏡検査による大腸検査を受けることが大切です。


がん検診の役割

がん検診の役割

がんによる死亡を部位別に見ると、男性では肺がん(22.3%)が最も多く、次いで胃がん(17.2%)、 肝臓がん(12.5%)の順となっており、女性では大腸がん(14.6%)が最も多く、 次いで胃がん(14.2%)、肺がん(12.3%)の順で消化器癌は男女ともに上位を占めています。

従って、消化器癌領域における検診の役割は非常に重要で、がんの早期発見・早期治療のためには定期検診が必要となります。
(厚生労働省:人口動態統計より)

<胃がん検診と発見率>

職域・地域によって差はありますが、大体30歳以上を対象に1回/年のX線検査が実施されています。 異常が見つかった人は内視鏡による精密検査の指導を受けます。 2001年度の胃集団検診(約532万人)の報告によるとがん発見率は0.102%(5,410人)で このうち69.6%(2709人)が早期がんでした。 検診者の10人に1人精密検査が必要と判定され、精密検査で約100人に1人ががんと診断されています。 つまり、検診対象者の中には約1000人に1人の確立で胃がんが潜んでいることになり、 二次検診(内視鏡検査)の重要性を表すデータと言えます。

※一部の機関を対象とした内視鏡胃集団検診の集計によると 0.29%(X線検査の倍以上)に胃がんが発見されたという報告もあり、 内視鏡検診による発見率の高さを印象付けるデータと言えます。

<大腸がん検診と発見率>

職域や地域により差がありますが大体40歳以上を対象に便潜血検査による検診を1回/年行うのが一般的です。 便潜血陽性者は注腸造影(X線検査)や内視鏡検査による精密検査の指導を受けます。 大腸集団検診の受診者は約320万人、精密検査が必要とされた人は6.8%で精密検査受診率は63.8%(139,312人)、 がん発見率は0.138%(4,916人)でした。

※大腸がん検診においては胃検診に比べ受診者数、精密検査受診率ともに低い傾向にありますが 発見率は胃がんに比べやや高く、さらなる検診(一次、二次検診共に)の強化が必要と思われます。

早期発見・早期治療

がん検診の役割

不治の病とされてきた"がん"も、いまでは早期に発見して治療をすれば、 治る可能性が非常に高い病気(特に食道・胃・大腸などの消化管がん)になってきました。 たとえば、早期に発見されたがんは、 胃・大腸共に治癒の目安となる「5年生存率」が90%以上と非常に良好な成績を残しています。

なかでも、前述のように検診で発見された胃がんの6~7割は早期がんで、 これは治療により90%以上の根治が見込め、 残りの進行した状態で見つかったがんも手術により6割以上の根治が見込めます。

すなわち、右表のように検診で発見された胃・大腸がんの治癒率は8割前後と全体の治癒率を上回っており、 がん検診の重要性を裏付けています。

内視鏡による診断・治療技術の進歩によりこれまでは外科手術が必要とされた病変も、 早期(粘膜内がん)のものであればその大半が身体にメスを入れることなく、 内視鏡による切除が可能な時代になりつつあります。 それだけに、早期発見・早期治療は大切であると言えます。


・内視鏡による検診の普及が、治療技術の向上とともに、がん医療に貢献しています。 内視鏡検査は誰でも好んで受けるような検査ではありませんが、 以前に比べ機器の進歩や麻酔の工夫(少量の鎮静剤を使い眠った状態での検査)により 被検者の苦痛を緩和できるようになってきました。 早期の胃・大腸がんは、殆ど自覚症状が現れる事はありません。 だからこそ、がん検診を受け、病気の早期発見に努め、体に負担の少ない治療を受けることががん克服のためにも大切です。 自分のためにも、家族のためにも、自分の体のことを振り返り定期的にがん検診を受けるようにしましょう。

胃腸・健診科 古波倉允