〜クリニカルラダー〜


クリニカルラダーとは?

「ラダー」とは、『はしご』という意味で、クリニカルラダーは、看護の実践能力を段階的に示したものです。
キャリア開発の段階を、レベルI【新人】、レベルII【一人前】、レベルIII【達人】、レベルIV【管理者】としています。



クリニカルラダーの作成と採用

清和会では、自立した看護職員の育成を図るため、クリニカルラダーを採用しています。
このシステムを通して、職員自らが達成感ややりがいを感じ、成長に繋げてもらいたいと考えています。

クリニカルラダーの作成

1.職能・職務資格等級フレームとラダーの整合

2.看護マニュアル104項目と職能要件書、課業一覧との連動

3.レベルI〜IVの完成
A.具体的な役割を明確にする
B.達成基準を明確にする
C.遂行していくための必要な能力・資質を明示する

4.目標面接の実施

システム化された教育内容
クリニカルラダー 等級 年数 教育制度
レベルI 2等級〜3等級 1年目 新人教育
レベルII 2等級〜3等級 2年目 プリセプター
準備教育
3等級 3〜4年目 プリセプター
教育
3等級 5年目〜 卒業教育研修
レベルIII 4等級〜5等級 6年目〜 リーダー研修
レベルIV 6等級以上   管理者研修

↑上へ戻る

[0] ホーム
(C) SEIWAKAI