医療法人 清和会 長田病院

 

  1. 人工透析内科

人工透析内科

診療科紹介

IMG_4648

末期腎不全による透析患者数は年々増加しており、社会的、経済的問題となっております。CKD(慢性腎臓病 chronic kidney disease)は、その予備軍とされており、日本では約1300万人の患者数がいるとされております。しかも自覚症状の乏しいことから、病気の発見、診断が遅れることもあり、気づかないままに腎臓の機能が悪くなっていることもしばしばみられます。
さらに腎臓が悪くなると脳卒中や心筋梗塞などの血管病変のリスクがあがることもわかってきております。CKDを早期に発見し治療していくことで病状の進行を抑えることが重要になります。健診などで異常を指摘された方は早めの受診をお勧めいたします。

担当医師紹介

名前 松元 貴史 腎臓内科部長
資格 ・日本内科学会総合内科専門医
・日本腎臓学会腎臓専門医
・日本透析医学会透析専門医
名前 長田 暁子 非常勤
資格 ・日本内科学会認定内科医
・日本腎臓学会腎臓専門医
・日本透析医学会透析専門医