医療法人 清和会 長田病院

 

  1. 緩和ケア内科

緩和ケア内科

診療科紹介

IMG_0054

緩和ケア内科では、がんの患者さんのつらい症状をやわらげ、ご希望される生活を送れるように支援いたします。外来診療を行いながら、できるだけ在宅で過ごされたい方には訪問診療、訪問看護などの在宅医療と連携し対応いたします。
また入院が必要な方は緩和ケア病棟で痛みなどのつらい症状の緩和を行ないながら、できるだけ落ち着いた環境で穏やかに過ごして頂くのを目標にしております。ご家族をサポートすることも緩和ケアの大切な役目であり、看護師、コメディカル、ボランティアの方々と協力しながら日々診療を行っています。

担当医師紹介

名前 樋口 英一 副院長、緩和ケア内科部長
資格 ・日本呼吸器学会呼吸器専門医
・日本内科学会総合内科専門医
・日本内科学会認定内科医
・日本緩和医療学会緩和医療認定医

 

専門外来

緩和ケア外来

定期的な外来受診が可能な患者に対して緩和治療を行う外来です。 緩和治療の内容としては、医療用麻薬を使用した薬物療法が主体となります。

kanwa_0001
緩和ケア外来の流れ

1.看護師が患者の状態を事前に問診します
(初診の場合) ・生活のしやすさの質問用紙の項目に沿って問診をします
(再診の場合) ・患者さんに診察前に生活のしやすさの質問用紙に記入してもらいます
・前回の外来後から今回の外来までの状況を私のカルテから情報を得ます
・患者さんに直接問診をして情報の捕捉をします
2.看護師が問診の情報を医師に伝えます
3.医師による診療をします
4.患者へ治療内容の確認と説明をします
治療内容決定後、私のカルテの書き込み方法は緩和ケア外来にて行います
必要に応じ専門家の介入を依頼します(薬剤科、栄養科など)

※緩和ケア外来診療は、緩和ケア病棟内の外来診察室で行っております。

緩和ケア病棟

緩和ケア病棟とは、肉体的な苦痛を取り除くための治療を行うだけでなく、精神的な苦痛、孤独、不安などを軽減し、人間らしく、尊厳をもって有意義に生きぬくことができるよう援助する病棟です。入院後ご病状の評価を行い、適切なケアを提供すると共に、退院・転院支援もさせていただきます。 院外からの紹介で、短期間入院にてコントロールが必要な患者さんも、緩和病棟に入院することができます。

kanwa_0003

緩和ケア病棟 理念

がんによる苦痛、身体症状、精神症状を和らげ、その人らしく毎日が過ごせるように患者さんとご家族を支援します。

緩和ケア病棟 基本方針

1.こころとからだのつらさを和らげます。
2.いのちを尊重して、その人らしく生きることを支えます。
3.患者さんとご家族の生活の質を高めます。
4.地域における緩和ケアの普及と向上に貢献します。

入院の対象となる患者さん

医師が治癒を望めないと判断した末期のがん患者さんで、緩和ケアを望む方であれば入院の対象となります。ただし、抗がん剤療法などの化学療法は緩和ケア病棟では、行っておりませんので、現在行われている治療が終了してからのご入院となります。 ケアを優先します。

緩和ケア病棟で行う治療・ケアについて

1.苦痛緩和の治療として、鎮痛剤を代表とする薬剤を使用します。
2.緩和目的の輸血や輸液については、患者、家族と相談し、チーム内で検討して行います。
3.リハビリ、マッサージ、アロママッサージを個別に判断しながら行います。
4.ワクチン、健康食品などの代替療法の継続については、医師にご相談ください。

アロマセラピーとは

植物から抽出した精油を使用し、心身の不調を軽減する自然療法です。
オイルマッサージによって、血液やリンパの流れを促進して浮腫を軽減することができ免疫力も高まります。また皮膚の乾燥を和らげ。皮膚トラブルを防ぐこともできます。
優しく、心地よい香りが漂うと、それだけでもリラックスでき、深呼吸しやすくなり、心身の緊張がゆるみ眠りやすくなります。
当院ではアロマセラピーの資格を持った看護師が患者さんに合わせたマッサージを行います。暖かい手で優しく触れることは、看護の原点でもありとても喜ばれています。
言葉がいらないコミュニケーションであるマッサージを通して家族から患者さんへ大切に思う気持ちを伝えられるようにマッサージの仕方を伝授することもあります。もちろん家族の希望があれば家族にもマッサージを受けていただいています。
アロマルームは、病棟内の一番日当たりのいい場所にあります。ほっと一息つく癒しの空間としてご利用いただいています。

kanwa_0007
スタッフ紹介
名前 池田 緑
資格 日本アロマセラピー学会認定看護師
日本アロマ臨床学会 会員
日本アロマ環境協会 認定セラピスト・インストラクター
ICAM国際試験機構 認定アロマセラピスト

 

①緩和ケア病棟に入院を希望される場合は、相談窓口にご連絡ください。
②緩和ケア外来を受診していただきます。 ご本人が来院できない場合は患者さんの症状をよく把握していらっしゃるご家族がお越しください。
③診療情報提供書が必要になりますので、かかりつけの先生から緩和ケア担当医師宛の紹介状を依頼してください。
④緩和ケア外来にて医師と相談の結果、入院の対象と判断された場合には、「入院予約」の手続きをしていただきます。
⑤入院の日時については後日お電話でご連絡いたします。 その際、看護師が患者様の状態について確認させていただくことがあります。 当日の来院方法や心配事・ご不明な点がありましたらお尋ねください。

kanwa_0004

外出・外泊について
外出、外泊は希望があれば申し出てください。ただし、送迎はご家族でお願いいたします。

入院費用について
医療費には健康保険が適応されます。自己負担が一定額を超えるものにつきましては、高額医療費支給制度の対象となります。

病室について
全てのお部屋に車椅子トイレ、冷蔵庫、TV、収納、チェアーベッドが完備されています。 Wi-Fiサービスもご利用いただけます。ご利用の際はスタッフステーションまでお尋ね下さい。

相談窓口について

緩和ケアに関する相談を受付けております。

具体的な治療以外のことでも、心配・不安・困ったこと等があれば遠慮なくお尋ねください。 がん看護専門看護師・緩和ケア認定看護師が対応致します。

相談窓口 入院を希望される方は、事前に緩和ケア外来を受診して頂きます。予約制のため前もってご連絡下さい。

また、入院前に緩和ケア病棟についての説明や、病棟内の見学を希望されるかたもお申し出ください。

相談窓口 地域連携室 電話番号  0944-72-3501

kanwa_0006
緩和ケア病棟における質向上の取り組みに関する認証

NPO法人日本ホスピス緩和ケア協会の認証制度にて「緩和ケア病棟における質向上の取り組みに関する認証」を取得しました。これはケアの質向上のための取り組みを評価するものです。

image042

緩和ケアチーム

緩和ケアはがんと診断された時、がんの治療の初期段階からがんの治療と一緒に受けるケアです。患者さんだけではなく家族のケアも行います。緩和ケアチームメンバーはがん診療に携わる医師、看護師、薬剤師、栄養士、ソーシャルワーカーで構成されています。
具体的にはがんの治療やがんの進行にともなう体のきつさや、吐き気、痛みなどを緩和しいつもの生活が送れるようにそして治療に向けての力が湧いてくるようにします。また、患者さんやご家族のこころのつらさをやわらげるためにお手伝いをします。
緩和ケアはがんと共生することを可能にします。そのために緩和ケアチームで支援していきます。緩和ケアを必要とする時いつでもご相談ください。